• Top
  • >
  • Work Shop
  • >
  • グラデーションのある統計手法の結果

WorkShop

グラデーションのある統計手法の結果

5月14日に行いましたイベント「多数決を疑おう」について、当日のイベントのリポート記事等が

FNNプライムオンラインに掲載されました。

 

「内心」を知るとコロナショックの「良い面」も見えてくる。多数決型ではなく程度を聞く調査法
https://www.fnn.jp/articles/-/44562

また、坂井教授の講義パートの動画もYouTubeにてご視聴いただけます。
https://youtu.be/ynbmmMAxIbE

今回のイベントでは、マジョリティジャッジメントを活用し、コロナショックに対して

皆さんがどんな影響を受けたか をグラデーションある結果を導き出せたかと思います。

マジョリティジャッジメントを活用したデータ収集については、今後も様々な形で検討していきます。

個別ご質問等ありましたら、imai@dd-d.jpまでご連絡ください。

 

ご参加の方はこちら

PLACE171 では定期的にオークションや不動産に関するセミナーを開催しております。
ご興味のあるかたは是非参加ください。