• Top
  • >
  • Opinion
  • >
  • 坂井豊貴「マーケットデザイン」③④オークション前半

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」③④オークション前半

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

第3回 不確実性下の決定(2013/5/9)

第一価格オークションについて考えてみましょう。各参加者は入札額を決めてそれを主催者に提出し、一番高い入札をした人が勝者となりその金額を支払う方式です。

この方式は単純ですが、そのもとでの参加者の意思決定問題は複雑です。まず参加者としては、できるだけ安い値段で財を競り落としたい。しかし別の参加者も多数いるので、彼らより安い入札をしたら勝つことはできない。そして、払ってもよいと考える上限を超す入札はしたくない。

つまり一人ひとりの参加者は、自らの上限を超えない範囲で、他の参加者よりわずかにだけ高い入札を行いたいわけです。そして他の参加者がどのような入札をするか、事前には分かりません。全ての参加者がそうした状況に直面しています。

ですから、皆の予想が不確実である以上、蓋を開けてみると、そんなはずじゃなかったということが往々にして起こります。

例えば、自分は10万円まで払うつもりがあったが、他の連中は3万円程度しか入札しないと予想し4万円の入札をしたが、結果を見てみると5万円の入札をした奴がいて、自分は負けてしまった。

これは色々な意味で望ましい結果ではありません。まず、売る側としては、本来はもっと高値で売れるはずだったのに、それが実現しなかった。つまり収益性から望ましくない。

また、財に高い評価を持つ人が勝てなかったということは、オークション後にその人が、勝者から財を買い取る可能性があることを意味します。こうした転売は悪いことではありません。しかし転売の余地を残すオークション方式は、それ自体で効率的な資源配分を実現することに失敗している。転売そのものも、市場が未整備ならばうまくいかない。

更には、結果が予想に強く依存し、運任せになりやすいということは、公正なルールとは言い難いものです。いったい誰が悪いのでしょうか。誰も悪くない、悪いのは第一価格オークションという方式の性能だ、というのがマーケットデザインの考え方です。次回では、その欠点を解消する優れた方式である、第二価格オークションについて考えていきます。

 

第4回 耐戦略性(2013/5/10)

オークションの個々の参加者が、財に最大でここまで払ってもよいという上限の金額のことを評価値と呼びます。

第一価格オークションのもとでは、例えば自分の評価値が10万円だったとして、他の参加者の入札が3万円程度と予想するなら、それより僅かに高い金額の入札を試みるのでした。もしその予想が当たれば勝者となり自分の入札額を支払いますが、他人がそれ以上、例えば5万円の入札をしていれば負けてしまいます。

一方で、第二価格オークションは、一番高い入札をした人が勝者となり、二番目に高い入札額を支払う方式です。

するとこの方式のもとでは、評価値である10万円を申告すれば、相手が3万円の入札ならば3万円の支払いで勝者になるし、相手が5万円の入札ならば5万円の支払いで勝者になります。いずれにせよ10万円を超えずに勝者となることができる。

ゲーム理論では、相手がどのような行動を取ろうとも、自分にとって常に最適な行動のことを支配戦略といいます。第二価格オークションのもとでは、各参加者は、自分の評価値をそのまま提出するのが支配戦略になっています。

つまり参加者は、単純に自らの評価値を提出すればよいわけです。その行動が、相手がどのような入札をしてきても、必ず最適な行動になっている。だから相手の行動を予想する必要もない。戦略的意思決定のコストはゼロです。ギャンブル的ではない。

また、一番高い評価値を持つ参加者が買うので、効率的な資源配分が実現します。ギャンブル的でないので、場が荒れることも起こりにくい。長期的にオークションを運営する事業者としては、安定した収益が期待できるともいえます。

第二価格オークションは、第一価格オークションと比べると、定義が直観的でないかもしれません。しかしこの方式は、あらゆるオークションにおける優れたデザインの雛形となるものです。

第二価格オークションは、いったん入札額を提出したら変更ができない封印型の方式です。だから競り上げ式オークションとは一見大きく異なります。しかし両者は理論的にきわめて近い関係にあります。

執筆者
坂井豊貴(サカイ トヨタカ)慶應義塾大学経済学部教授 デューデリ&ディール チーフエコノミスト

オークション市場や制度の設計問題で多くの国際業績をあげ、2014年に38歳で現職。 『マーケットデザイン』(ちくま新書)など著書多数。著書はアジアで多く翻訳されている。 NHK・Eテレ「オイコノミア」「欲望の経済史 戦後日本編」等に出演。

お問い合わせ

PLACE171 では定期的にオークションや不動産に関するセミナーを開催しております。
ご興味のあるかたは是非参加ください。

最近の記事

コラム

アフターコロナとオークション

コロナウイルスにより、様々な影響が起こっている。 様々な自粛や禁止など、今回経済活動に多大な影響が起こっています。 自分たちでできることを探し、活動していくことが大事なんだと思います。 &n…

Opinion

コラム

不動産オークションの効用

コロナウイルスの感染拡大を鑑み、PLACE171にて開催しておりました全てのワークショップを3月開催分については 延期させていただきました。 想像以上の猛威で、移動制限やイベントなど、様々な…

Opinion

コラム

「レーティング(評価)」とは?

弊社グループでは、2020年2月28日 株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン様(以下、「EAJ」といいます)と慶應義塾大学経済学部;坂井豊貴教授と共同で、専門家向けの評価軸の共同研究を…

Opinion

コラム

オークションのスナイパー

オークションにスナイパーといわれる人たちがいることを皆さん知っていますか? オークションの締め切りギリギリに最高値を付けて、出品物を落札していく人のことです。オークション上は、締切時間を決め…

Opinion

コラム

集合知、三人寄れば文殊の知恵

集合知という話をすると、そこから想像するのは三人寄れば文殊の知恵、ということわざがイメージしやすいかもしれません。一人では考えつかなったことが複数名で考えると、いろんな意見が出てくる そんな…

Opinion

コラム

中央公論2019年11月号にチーフエコノミスト坂井教授の対談が掲載されました。

中央公論2019年11月号にALIS;CEO安昌浩氏と坂井教授との対談記事が掲載されました。 先月号に続き、ブロックチェーンや仮想通貨についての対談となっております。

Opinion

不動産

不動産オークションの未来

オークションという言葉を聞くと、ヤフーオークションや裁判所の競売などを思い浮かべるかもしれません。 実は、オークションはグーグルの検索広告や日本国債、株式市場その他様々なところで活用されてい…

Opinion

コラム

横尾真「オークション理論の基礎」③④

横尾真・九州大学主幹教授が、日本経済新聞「やさしい経済学」で連載された「オークション理論の基礎」(全9回、2018年2月23日~3月7日)を転載します。横尾先生および日本経済新聞社様の許可を…

Opinion

コラム

横尾真「オークション理論の基礎」①②

横尾真・九州大学主幹教授が、日本経済新聞「やさしい経済学」で連載された「オークション理論の基礎」(全9回、2018年2月23日~3月7日)を転載します。横尾先生および日本経済新聞社様の許可を…

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」⑧⑨⑩マッチング理論

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」⑤⑥⑦オークション後半

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された、同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」③④オークション前半

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」①②経済学のものづくり

2013年5月に日本経済新聞の「やさしい経済学」コーナー(通称「やさ経」)で、坂井豊貴氏がマーケットデザインに関する全10回の連載を寄稿しました。ここでは日本経済新聞社および同氏の許可を得て…

Opinion

view more