• Top
  • >
  • Opinion
  • >
  • 横尾真「オークション理論の基礎」①②

Opinion

コラム

横尾真「オークション理論の基礎」①②

横尾真・九州大学主幹教授が、日本経済新聞「やさしい経済学」で連載された「オークション理論の基礎」(全9回、2018年2月23日~3月7日)を転載します。横尾先生および日本経済新聞社様の許可を得ています。まずは第1~2回です。
当ラボの第1回ワークショップ「オークションの基礎とCryptoeconomics」は、11月30日(金)に開催されます。リアルで有楽町Place 171に集まりましょう。着々と申し込みをいただいており、関心がおありの方は、どうぞお早めにお申し込みください(そのページに申し込み方が書かれてあります)。

① 希少商品に適切な価格設定(日本経済新聞 2018年2月23日)

オークション理論は典型的には、ある商品を誰にいくらで販売するかを決める方法を扱います。クリスティーズやサザビーズのように、参加者が一堂に会して美術品などの値段を競り上げていく場面を思い浮かべる人も多いでしょう。オークション理論では、この公開競り上げ型に限らず、参加者が入札額を他者に知られずに申告する入札方法(封印入札)も含めて議論します。

オークションで扱う商品には、美術品のほか、個人の不用品や携帯電話で使われる周波数帯域の利用権、さらにはウェブページの広告スペースなど様々なものがあります。

それでは、どのような場合にオークションが必要になるのでしょうか。オークションがよく用いられる状況として、商品の数が限られている場合、例えば全く同じものは一つしかないといった場合があります。このような希少な商品に関しては、売り手が買い手にとっての商品の価値を正しく見積もることが非常に難しくなります。

自分にとっては無価値に思える商品が、別の人にとっては意外なほどに価値が高い、またはその逆といった状況が生じ得ます。同じ商品が多数あれば、とりあえず適当に価格を設定して販売し、よく売れるなら値上げし、売れないなら値下げするというように、売り手が適切な価格を設定することが可能ですが、希少な商品の場合にはそのような方法が使えません。

適切に設計されたオークション方式であれば、希少な商品に関しても買い手に価値に関する情報を開示させて適切な価格を設定することが可能になります。

オークション理論では、そもそも誰が商品を入手するのが望ましいのか、どうすれば適切な価格が設定でき、望ましい人に商品が販売されるのかといった問題を議論します。オークション理論はミクロ経済学の一分野であり、ゲーム理論などを活用して市場や制度の設計・修正を行うマーケットデザインと呼ばれる研究分野の主要な構成要素となっています。

 

② 数理モデルで説明可能 (日本経済新聞 2018年2月24日)

オークション理論では数理モデルに基づいた精緻な理論構築を行います。要は数学なので、理論の正しさは厳密に証明可能であり疑いの余地はありません。しかし、理論の帰結を現実の状況に適用する場合には、理論の前提が現実と合っているかをチェックする必要があります。前提が間違っていれば、当然、帰結が正しいとは保証できません。

例えば、以下のような例を考えてみましょう。あなたは知人に頼まれて、アンティーク家具のオークションに参加したとします。あなた自身はアンティーク家具に全く興味がなく、その家具にどれだけの価値があるのか見当もつきません。知人はあなたに10万円を預けています。

その家具を10万円未満で落札できれば、10万円との差額があなたの報酬となり、落札できなかった場合の報酬はありません。その知人とは特に親しいわけでもなく、自分の報酬を犠牲にしてでも、ぜひとも落札してあげたいとは思っていないとします。

ここで以下のような封印入札、すなわち入札の参加者はそれぞれ入札額を紙に記入して封筒に入れて提出し、最も高い金額を入札した人がその金額で落札するという方式が採用されるとしましょう。この方式は「第一価格封印入札」と呼ばれます。この場合、入札額をいくらにして提出すれば、自分の報酬を最大化できるでしょうか。

10万円に近い金額を書けば勝つ確率は高くなりますが、勝った場合の報酬は少なくなります。一方、非常に少額、例えば10円で入札した場合は、勝つ確率は非常に低くなりますが、万一勝った場合の報酬は大きくなります。

このように勝つ確率と勝った場合の報酬の間にはトレードオフがあり、平均的に得られる報酬を最大化するためには、他の入札者が何人いて、それぞれがどのように入札してくるかを予想する必要があります。このような予想のためには、他の入札者に関する情報が必要となり、もう少し詳しい前提条件を置かないと、最適な入札額を決定することはできません。次回に、簡単な方法で報酬が最大化できるオークション方式について説明します。

執筆者
横尾 真(ヨコオ マコト)九州大学主幹教授

1984年東京大学工学部電子工学科卒業. 1986年同大学院修士課程修了. 同年 NTT に入社. 1990年〜1991年 ミシガン大学客員研究員. 2004年より九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授. 2012年より同大学主幹教授.マルチエージェントシステムに関する研究に従事. エージェントの合意形成メカニズム, 制約充足/分散制約充足等に興味を持つ. 博士 (工学). 著書にオークション理論の基礎―ゲーム理論と情報科学の先端領域などがある

お問い合わせ

PLACE171 では定期的にオークションや不動産に関するセミナーを開催しております。
ご興味のあるかたは是非参加ください。

最近の記事

コラム

「内心をこっそり教えてください」

2020年6月11日、FNNプライムオンラインのイベントにて、 社会選択理論の研究者である坂井教授の「内心をこっそり教えてください」を開催しました。 今回は、都知事選についてです。 多数決で…

Opinion

コラム

Air Jordan 1のオークション

サザビーズで、Air Jordan 1のオークション出品があり、5月17日12:00(NY時刻)で締め切りになりました。 エスティメイト(評価額)は、100,000-150,000ドル(約1…

Opinion

コラム

アフターコロナとオークション

コロナウイルスにより、様々な影響が起こっている。 様々な自粛や禁止など、今回経済活動に多大な影響が起こっています。 自分たちでできることを探し、活動していくことが大事なんだと思います。

Opinion

コラム

不動産オークションの効用

コロナウイルスの感染拡大を鑑み、PLACE171にて開催しておりました全てのワークショップを3月開催分については 延期させていただきました。 想像以上の猛威で、移動制限やイベントなど、様々な…

Opinion

コラム

「レーティング(評価)」とは?

弊社グループでは、2020年2月28日 株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン様(以下、「EAJ」といいます)と慶應義塾大学経済学部;坂井豊貴教授と共同で、専門家向けの評価軸の共同研究を…

Opinion

コラム

オークションのスナイパー

オークションにスナイパーといわれる人たちがいることを皆さん知っていますか? オークションの締め切りギリギリに最高値を付けて、出品物を落札していく人のことです。オークション上は、締切時間を決め…

Opinion

コラム

集合知、三人寄れば文殊の知恵

集合知という話をすると、そこから想像するのは三人寄れば文殊の知恵、ということわざがイメージしやすいかもしれません。一人では考えつかなったことが複数名で考えると、いろんな意見が出てくる そんな…

Opinion

コラム

中央公論2019年11月号にチーフエコノミスト坂井教授の対談が掲載されました。

中央公論2019年11月号にALIS;CEO安昌浩氏と坂井教授との対談記事が掲載されました。 先月号に続き、ブロックチェーンや仮想通貨についての対談となっております。

Opinion

不動産

不動産オークションの未来

オークションという言葉を聞くと、ヤフーオークションや裁判所の競売などを思い浮かべるかもしれません。 実は、オークションはグーグルの検索広告や日本国債、株式市場その他様々なところで活用されてい…

Opinion

コラム

横尾真「オークション理論の基礎」③④

横尾真・九州大学主幹教授が、日本経済新聞「やさしい経済学」で連載された「オークション理論の基礎」(全9回、2018年2月23日~3月7日)を転載します。横尾先生および日本経済新聞社様の許可を…

Opinion

コラム

横尾真「オークション理論の基礎」①②

横尾真・九州大学主幹教授が、日本経済新聞「やさしい経済学」で連載された「オークション理論の基礎」(全9回、2018年2月23日~3月7日)を転載します。横尾先生および日本経済新聞社様の許可を…

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」⑧⑨⑩マッチング理論

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」⑤⑥⑦オークション後半

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された、同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」③④オークション前半

日本経済新聞社および坂井豊貴氏の許可を得て、2013年に日本経済新聞「やさしい経済学」欄に掲載された同氏によるマーケットデザインの記事を転載しています。

Opinion

コラム

坂井豊貴「マーケットデザイン」①②経済学のものづくり

2013年5月に日本経済新聞の「やさしい経済学」コーナー(通称「やさ経」)で、坂井豊貴氏がマーケットデザインに関する全10回の連載を寄稿しました。ここでは日本経済新聞社および同氏の許可を得て…

Opinion

view more